秋の手仕事 「柚子胡椒」

☆2017年の柚子胡椒の販売は終了しました。

少しずつ秋めいてきましたね。
夏が大好きな私は少しさみしくもありますが、八百屋さんに青いみかんが並びだすと柑橘好きの私はテンションが上がってくる季節でもあります。

そんな初秋の10月は毎年「柚子胡椒」を手づくりしています。

柚子胡椒は青柚子、青唐辛子を使ってつくります。
九州では唐辛子のことを胡椒ということから「柚子胡椒」という名前がついています。

この青柚子と青唐辛子が同時に旬を迎えるのは9〜10月のはほんの一瞬。
かぼすやすだちが並びだす頃、その隣には青柚子も登場します。そして青唐辛子も同時に見かけたら柚子胡椒を作るタイミング。まさに今でしょ!と食材たちが話しかけてきます(笑)


作り方は柚子の皮をすりおろし、青唐辛子のタネをとって刻み、塩とまぜあわせます。そして瓶詰めし、食べごろまで寝かせます。

言葉にすれば簡単なのですが
実は地味に大変な作業。
「青唐辛子のタネを取り刻む」というのが一番やっかいなところです。

素手ではできないので、ゴム手袋とマスクをして挑みます。初めて作った時に素手で作業してしまい、次の日火傷のように手がヒリヒリしてしまいました。鼻や喉も痛くなるので、マスクも必須です(笑)


そんな地道な作業なのですが、
手作りの柚子胡椒は香りも良く、塩分も調整できるので実は自分好みに作れます。

and bakingの柚子胡椒は市販のものよりかなり塩分控えめです。(1/3ほどです。)
塩辛くないのでこれからの季節、鍋やお蕎麦など薬味としてたっぷりと使っていただけます。

そして洋風にも使えます!
マスタードの代わりにドレッシングに加えたり、柚子胡椒を入れたベーコンエピもおすすめです。
洋風にもぜひ活かしてくださいね。

and bakingの「柚子胡椒」

100g    ¥ 850

50g       ¥450


10/24の工房販売から販売スタートさせていただきます。


作りたては青臭いのですが、冷蔵庫で寝かせていただくとほど青臭さがぬけていきます。お好みの味になりましたら冷凍保存に切り替えてください。

塩分控えめのため、長期保存は冷凍庫でお願いいたします。


完全には凍らないので、スプーンでその都度削りながらお召し上がりください。冷凍だと一年中美味しくめしあがれます。


ぜひ季節限定の手づくり柚子胡椒を食べてみてくださいね。

and baking ☺︎ mai


and baking

江東区の下町の小さな小さなパン工房です。自家製のライ麦サワー種や日本の麹から起こした天然の酵母を使ったパンやワッフルをメインに、季節のジャム、マフィン、スコーンなどを作っています。実店舗はありません。イベント出店、カフェへの卸、月に一度の工房販売日があります(配送可) 。小さな工房で、食べてくれる方々の顔を思い浮かべながらパンを焼いています。

0コメント

  • 1000 / 1000